ブログトップ

ジャガーと龍の日々♪

2008年 10月 15日 ( 1 )

大阪府 阪南市 秋祭り やぐら(山車)の宮上り光景 ♪




f0183814_8371990.jpg

                                  (宮本地区のやぐら)


 泉州地方南部の秋祭りで曳行される山車(だし)の一種でやぐらといいます

 だんじりと同じく大屋、小屋を持ち巨大な2輪の巨大なこまがあります。 その巨大な2輪の機動性を生かし曳行中に音頭(伊勢音頭、やぐら節)に合わせて 大きく蛇行したり、シーソーの様に上下に上げ下げします。 これをねる、しこるといいます。
 だんじりのような大工方はいませんが、やぐらの前方に音頭取りが乗り、全体の調子を合わせます。 太鼓は、やぐらの後方に設置され打ち手は後ろから歩きながら打ちます。同じように笛のふきては太鼓の後ろにつきます。

f0183814_10325335.jpg

                                (岸和田祭りのだんじり)


もともとは、岸和田祭りで有名な だんじり(4輪)も このやぐらも 京都の祇園祭の鉾(ほこ)から 広まったと言われています。和歌山地方に広まった山車は 山の中に神社が多かった為に2輪になってゆきます。それが、山を越えて大阪に広まったのが やぐらだと言われています。




         それでは、大坂府 阪南市の秋祭り やぐらが波太神社に宮上りするところを動画でお見せしましょう。

     やぐらが階段を駆け上がって 宮上りする様を とくとご覧ください。(動画を載せるのは初めてなので失敗するかも?)



   ↑ 階段を昇る直前まで、向かって左の小屋根の角に つかまっていたのが 私の甥っ子です(笑)



f0183814_8542682.jpg

                      この階段を やぐらが駆け上がるので、事故が起こることもしばしばです・・・


f0183814_857959.jpg

         阪南市には やぐらが20台ありますが、このうちの18台がこの波太神社に 宮入しその後、宮上りします。



                                           
f0183814_8363638.jpg

                       宮上り後は、クラッカーを鳴らして 紙吹雪が舞います。

先に宮上りした やぐらが、境内に待機して、隣町のやぐらの宮上りを見守り、無事成功すると 拍手をおくります。

昔は「石田のケンカ祭り」とか「鳥取のケンカ祭り」と呼ばれたらしいですが、最近は隣町同士仲が良く 見ていて好感がもてます。

              この時は、隣町同士の5台のやぐらが、順次宮上りして、境内で一緒にお餅まきをしました。
                     (新町、貝掛、栄、上組、波有手の各5町)



f0183814_9291368.jpg

                         りんご飴は 歯にくっつくし、リンゴはすっぱいのよね(@_@;)


f0183814_9293290.jpg

                         大阪はやっぱり 「たこ焼き」でしょう\(^o^)/
[PR]
by ryutarou-de-mama | 2008-10-15 09:10 | 泉州ネタ

キューバ生まれの龍太郎です、よろしくね!

by ジャガー姉さん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31